新技術を学んでスキルアップすることが必要

どの業界においても、エンジニアには継続的なスキルアップが必要とされます。
技術革新はどの業界でも日頃から行われているものであり、新しく有用性の高い技術が生まれてくると、それが瞬く間にスタンダードになっていくのが一般的です。
その際に必要となるスキルを習得していかなければ現場での活動に支障が生じるようになり、若くて新しい技術を常識のようにして身につけてきた世代に追いやられてしまうことになりかねません。現場で現役の技術者として働いていくためには、常に新しい技術について理解して、必要に応じたスキルアップを行っていくことが重要になるのです。

しかし、エンジニアの業務は忙しいことが多いため、その合間に新技術について学んでいる時間が取れないことも珍しいことではありません。
そのため、勤務時間内に勉強を行っていくことが難しく、休みの日を使って勉強していくことになります。そういった努力を惜しまない姿勢が、長く現場で働いていくために重要になるのです。

また、将来設計を考えて現場から離れて管理職になりたいと考えている場合にも、同様にして管理能力や指導者としてのスキルを身につけるための勉強を、休みの日を使って行っていかなければなりません。
場合によっては、資格学校等に通うことによって新たに資格を取得するといったことが必要になる場合もあります。将来の仕事のために休みの日をある程度は使わなければならないのが、エンジニアの道なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です