ブレイクスルーによるスキルアップの機会

技術力を仕事の基本とするエンジニアの仕事は、スキルさえ持っていれば何らかの形で収入を得ることができます。
その点で、職業の中でも比較的安定した仕事です。
しかし、スキルが仕事の不安定さを生み出すデメリットの側面も持っています。技術開発の業界では状況が大きく変化するような、ブレイクスルーの技術が登場するケースがあります。
ブレイクスルーは、業界に対して数年で大きな状況の変化をもたらします。結果として、これまでのスキルが通用しないといった事態になりかねません。
エンジニアは生き残りをかけて、短期間で新しい技術のスキルアップを行う必要があります。

一方で、こののデメリットは、ビジネスチャンスのメリットと見なすこともできます。
これまで技術力で後れをとっていたエンジニアが、新たなスキルアップ次第で挽回し、業界で有利な位置に立つことができる可能性があります。
多くの技術者たちは、ブレイクスルーの可能性について敏感に察知し、その時が来る可能性について備えています。

新しい技術で今後のスタンダードとなる可能性を持ったスキルに関しては、その詳細について分析し、今後の成り行きについて検討することが役立ちます。将来有望なスキルであれば、多少の時間と労力を犠牲にしたとしても、優先的に習得する価値があります。
業界のブレイクスルーのチャンスをうまくつかめるかどうかが、業界での生き残りやビジネスチャンスにかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です